« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月 7日 (土)

泉山

博多から特急で有田へ。
暖かかった。車で10分ぐらい。笹井君の家に着いた。

お父さんにお会いするのは、三度めになる。歌葉新人賞の賞状をお渡ししたとき。去年五月の「ひとさらい」批評会のときである。

お線香をあげて笹井君の部屋でご両親と話す。お母さんにお会いするのは初めてだ。
お父さんに新聞のスクラップや笹井君のメモ帳を見せてもらった。年賀状の下書きか、牛の絵がいっぱい描いてあった。

不思議と落ち着く部屋である。猫が三匹うろうろしている。
この部屋が笹井君の宇宙だったんだ。

お父さんに有田焼の発祥の地、泉山を案内していただく。
 
Photo
有田焼の原料となる陶石の採掘場。
壮絶な風景だった。
Photo_2 
笹井君が少年ころ登った英山。天辺で手を振っていたそうだ。
元気だったころの笹井君を思う。
Photo_3 笹井君がよくフルートをふいていた相撲場。

笹井君の風景に包まれた。
笹井君の世界への旅は、始まったばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »