« 京都、列島縦断短歌スペシャル | トップページ | 謹賀新年 »

2008年5月 2日 (金)

『雨の日の回顧展』

第七歌集『雨の日の回顧展』、5月7日刊行です。

Dali

 

  

  

  よろこびは即興にまたかなしみは細心に描くひとの心は

  弟は鏡の裏の錆をいうそれはわたしのとおい砂浜

  獏の腹裂くゆめをみたあかときは洪水のようなわたくしである

  破裂する前の頭にみちている車輌はたまらない明るさだ

  デジタルは空洞ばかりの街だろうとっぷり撓む水銀のたま

お申し込みは、短歌研究社へお願いいたします。

http://www.mmjp.or.jp/TANKAKENKYU/

|

« 京都、列島縦断短歌スペシャル | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111492/41067480

この記事へのトラックバック一覧です: 『雨の日の回顧展』:

« 京都、列島縦断短歌スペシャル | トップページ | 謹賀新年 »