« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月 5日 (火)

倒れる自転車の問題

 自転車がいまやはらかく倒れたり対人地雷を敷きつめし地に

               大辻隆弘「未来」20067月号

「未来」の夏の大会2日めの批評会で取り上げられた歌である。読み落としていた歌だ。
ちょうど、大会1日めのシンポジウムで黒瀬珂瀾君が本歌取りの問題を鋭く論考していただけに、あっ、と思った。

この歌は、どう評価すべきか。

言うまでもなく、

  風いでて波止の自転車倒れゆけりかなたまばゆき速吸の海

               高野公彦『水木』
                   *ルビ 波止=はと 速吸=はやすひ

を踏まえている。大辻君がこの歌を知らぬはずがない。しかし、読者はそうとは限らないのだ。

上句の自転車が倒れるというイメージの引用と捉えたい。高野さんの作品を踏まえるなら、自転車を、茫洋とした眩い海の景から、対人地雷を敷きつめた絶望の地に移し替えたと言える。その暗転に批評性がある。ただし、対人地雷が埋められた地に自転車とは、余りにアンマッチだ。現実感が乏しい。計算違いではないか。

本歌は時代的に近すぎる。
パクリというには高名な歌である。しかし、シンポジウムでは、時間の関係か、この問題について指摘はなかった。これは批評側の問題となってくる。引用を前提に成り立っている歌に、その言及がなければ、作者は居心地の悪い思いをするのではないか。

しかし、一番の問題は、本歌の方が数段いい歌だということである。その点、作者の意図が分からない。
本歌に比べ、大辻君の歌は、上句が冗漫である。あらためて「風いでて波止の自転車倒れゆけり」の濃密さが思われる。無論、「倒れゆけり」の急迫調が巧いのである。

本歌取りに、様々な規準があるが、本歌に拮抗する歌であることが大前提ではないか。


本歌取り、引用の問題は難しい。読者の受容レベルが人によって、時代によって、変動するからだ。
それをどう想定するか。これは、もう、雑誌に発表して読者の反応を見るしかないだろう。雑誌はそういう場であってよい。
オリジナルの認知度、その引用の評価等々、できるだけ多くの読者の目に触れた方がよい。1人の読者の知識には限度があるからだ。

2006090103_049

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »