« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月24日 (月)

短歌研究新人賞速報

今年の短歌研究新人賞(第49回)は、野口あや子さんに決まった。去年の次席作家。19歳である。

今年の6月に「未来」に入会(現在「幻桃」「未来」に所属)。彗星集のメンバーで、6月の歌会で初めてお会いした。



野口あや子さんは、寺山修司以来の10代の受賞者である。

ふと、紀野恵の登場のときを思い起こした。

何かが動き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

第6歌集 『環状線のモンスター』

第6歌集、『環状線のモンスター』は、角川書店から刊行。

http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_search.php?pcd=200605000220

  真夜中に剥がれる皮のなめらかに環状線を離れて迷う

生活している日常空間から、視点をほんの少しずらすことによって見えてくる恐怖や悲劇。現代に遍在する「怪物」をメロディアスな言葉に乗せて暴いていく――。

Monster   ☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »