« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月23日 (月)

「短歌研究」作品季評

「短歌研究」2006年2月号の「作品季評」に、「夏、いたるところに」(「短歌」2005年9月号)が取り上げられた。有り難いことである。大きな指針をいただいた思いである。

 丸めたらかたつむりにもなるだろうきみの手紙の意地っぱり、ちっ

・こういう若者っぽい歌が随分多かったけれども、彼も四十代半ばに入ってきてるとすれば、こういう表現は少しひっこめた方がいいんじゃないかな(前川佐重郎さん)

 夏の死の一行のためわたくしは凍った音符を器に鳴らす

・一行の詩としても非常にすっと入ってくる。加藤君らしい感性がよく出ていて、オノマトペを使った歌よりも、こういう歌に彼のよさがあると思った(前川佐重郎さん)

 詩集から付箋をはがす明け方のその一枚の蜻蛉の羽

・こういうセンチメンタルな洒落た表現が、この人に合うんだよね。女性的ともいえる繊細な美意識がちらっとでるんだ(佐佐木幸綱さん)

 クーラーの水のこぼれるろろろろと少女の舌はようしゃなかった

・官能的なところを幼児っぽく出すんですね(佐伯裕子さん)

 りんしゃんとん真夏の夜のあんずあめひかるところにあなたはいない

 うなぞこの潜水艦のスクリューに近寄る無数の顔面がある

 いんいちがいちいんにがに陰惨な果実の箱はバスの座席に

 絵葉書は空の方から燃えてゆき真昼の軍靴六足と猫

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

「短歌ヴァーサス」

「短歌ヴァーサス」8号(風媒社)で、加藤治郎特集が組まれました。
vs
 ・三枝昂之さん「軋む伝統詩、再生する短歌 ─ 加藤治郎の歌業」

 ・小林恭二さん「詠法と歌境の間で ─ 加藤治郎小論」

 ・中岡毅雄さん「新しきリアリズムの追究  ─ 『マイ・ロマンサー』連作「ハルオ3」を通して」

 ・魚村晋太郎さん「ア・スタディ・イン・エクリプスィズ ─ 日蝕研究 ─」

と重厚な論考が収められています。

加藤治郎年譜は、杉森多佳子さんが作成。

また、穂村弘さんが、連載エッセイで「全肯定の怪物」という加藤治郎論を書いてくださいました。

ぜひ、ご覧ください。感想など聞かせていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 4日 (水)

毎日歌壇、作品募集!

毎日歌壇では、みなさんの意欲的な作品を募集しています。

下記の投稿規定により、お送りください。

お待ちしています

---------------------------------------

送付先tanka@mbx.mainichi.co.jp

タイトル:「毎日歌壇作品

記入内容:
---------------------------------------
 作品:2首まで (作品は未発表に限ります)

 希望選者:加藤治郎

 郵便番号 住所

 氏名 年齢

 職業

 電話番号

---------------------------------------

よろしくお願いいたします

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年1月 1日 (日)

元旦

正月休みは、髭をのばす。ほんの一週間である。髭にぱらぱら白いものが混じっているのに驚く。

島木赤彦が

  山深く起き伏して思ふ口髭の白くなるまで歌をよみにし

と歌ったのは、大正14年、49歳のときである。

自分は、今年11月で47歳。 赤彦の境地は遙か彼方である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »