2011年5月 2日 (月)

My years with Jstar

20代後半から30代前半にかけて、富士ゼロックスのSEをやっていた。JStarのSEである。JStar は、1973年にXEROXパロアルト研究所で開発された Alto Computerをもとに開発された。

驚くべきことに、Alto Computerには、マウス、ビットマップディスプレイ、アイコンなどが実装されていた。Windowsの原型なのである。というか、Windowsは模倣品である。ゼロックス社は、コンピュータサイエンスの発展のため敢えて特許としなかったのである。

商品化されたのは遅かった。1981年にゼロックス社は、Starワークステーションを発表した。富士ゼロックス社は1982年からJStarとして販売を始めたのである。私が入社した年だ。

JStarは憧れだった。JStarの仕事がしたい。社内公募で、JStarの部門に移った。はじめは、SP(スペシャリスト)つまり営業とSEの中間の職種から始まり、後にSEとなった。

1986年「短歌研究」に発表した「スモール・トーク」30首は、XEROXのオブジェクト指向言語の名前。

SEという自己認識を詠った作品は「ハルオ 3」である。初出は、同人誌「フォルテ」3号(1989年2月刊行)である。

初出のタイトルは「HAL-O 3」である。

 
 言葉ではない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ラン! 
 

!!!!!!!!!!!! これはエコーテストで表示されるもの。
イーサネットの通信チェックですね。 

 1001二人のふ10る0010い恐怖をかた101100り0

当時は、記号短歌と言われたりした。ぼくにとっては、リアリズムの歌だけれど、理解されることはなかった。
「HAL-O 3」はコンピュータ/ネットワーク環境を意識の問題として詠った最初の現代短歌だと思っている。

「HAL-O 3」を書き上げたとき、興奮して紫苑ちゃんに電話した。
「今までにない短歌を経験できる」と言って。
紫苑ちゃんは「あ~、やめて~」とか言ってたな。
ぼくのその類の自己肯定的発言を聞かされる被害者の一人だったからな。

まだメールも携帯もない時代だった。

shineshine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

ジャンク

3月24日、偶然、Twitterで島田牙城さんを追走


 転倒のひと美しき春夜かな

 雛壇の下に三毛猫居たりけり

 金町浄水場の桜かな

 剥き出しの上半身や花疲れ

 爆発的事象の春夜煌めけり

 買ひ占めのペットボトルに雪ふれり

 鉄塔も公民館も曲がりけり

 烏羽玉の闇の中なるシーベルト

 乳呑み児皆殺しなり求肥飴

 十万の鶏冠ありけり日本国

 宰相の髪黒黒と雨がふる

 阪大大学院山口教授のすももなり

 瓦礫に赤旗立てり蜆汁

 番犬の逃げ足速し花嵐

 雪瓦礫ひしひしきしみゐたりけり

 海豚撲殺赤銅色の男かな

 ごふごふと導管呻く校舎かな

 もろともにあはれとおもへ雪瓦礫

 黙禱六十秒なり深谷葱

 しらじらと行列長し秩父味噌

 隣席の老婆の反吐や細雪

 ぬばたまの夢に氷雨はふりにけり

 黒葡萄握りつぶして大人買ひ

 ノルウェーの薪あたらし卒業生

typhoon


 サンジもゾロもまじかつこいい海鴎

 チョッパーの涙は春の滝のごとしも

 ルフィの大拳骨きたりやばやばやば

 やつぱ俺ナミのはうだぜユリカモメ

typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

『てんとろり』、重版。

『てんとろり』の重版が決まった。『ひとさらい』も重版ということである。
発売二週間だから、早いなあ。

アマゾンの歌集ランキングでは、2月9日21時現在、『てんとろり』が1位、『ひとさらい』が2位である。

http://www.amazon.co.jp/dp/4863850476

笹井宏之君の歌業があるべき姿で遺されることを第一義に考えた。
そして、それが多くの読者に届けば、なおよいのである。

japanesetea

京都大学の東郷雄二教授が『てんとろり』の書評をアップされた。

http://lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp/tanka/tanka/kanran68.html

遺歌集の意味合いを説かれている。我が意を得たり。が、同時に、本当に自分の編集が最善だったか…。 そんな問いが渦巻くのだ。

自問自答は続くだろう。

japanesetea

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

村山由佳さん

今日は、「NHK短歌」の収録。
最後から二回目の収録である。
ゲストは、村山由佳さん。
スタジオが華やぐ。

『ダブル・ファンタジー』は、突き抜けた作品で圧倒された。
「─魔王が。」のひと言に、度肝を抜かれる。
それでいて、繊細な描写に惹かれる。
そんな小説である。

講座では、紀野恵さんの歌に感嘆してくださった。

それがうれしかったのである。

放映は、2月13日。
http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/index.html

wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

笹井宏之君、三回忌

二年前の1月24日が土曜日だったか、日曜だったかは覚えていません。

晴れた休日の朝でした。

笹井君のお母さんから電話がありました。

突然の訃報でした…。

彗星集のMLにメールを流し、岡井先生に電話しました。




そして二年が経ちました。

今。

いま、笹井宏之君に第二歌集『てんとろり』の刊行を伝えたいと思います。

art

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

『てんとろり』届く。

航空便で『ひとさらい』と『てんとろり』の見本が届きました!
筒井家には、昨日、侃侃房の田島社長がお持ちしたそうです。
三回忌に間に合ってよかったです。

「笹井宏之さんを偲ぶ会」がおわり「新彗星」での追悼特集が刊行されて、次は遺歌集だね、と準備を始めました。長かったです。

第二歌集を出すんだという気持ちでした。笹井君の歌をきちんとした形で残したい。そんな思いでした。

Tentorori

『ひとさらい』と『てんとろり』、兄弟のようです。

予約いただいた皆さんには近々届くと思います。しばしお待ちを。
http://www.amazon.co.jp/dp/4863850476

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

笹井宏之さん第二歌集『てんとろり』

笹井宏之さんの第二歌集『てんとろり』(書肆侃侃房)、いよいよ刊行です!

http://www.amazon.co.jp/dp/4863850476

第一歌集『ひとさらい』後の451首が収録されています。

 たてぶえのあたまをつよくひきぬいて木枯らしの子が恍惚となる

 風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける

 国境のどうぶつたちを染めてゆく あれは夕日よね、夕日よね

多くの歌人たちとの交流の中から生まれた短歌が収められています。

お読みいただければ幸いです。

【初出】

「かばん」「歌クテル」「笹公人の短歌Blog」「題詠ブログ」

「ゆうなぎ手帖」「未来」「新彗星」「風通し」

「世界がやさしくあるためのメモ」「短歌」「歌壇」「佐賀新聞」

penguin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

New year

気がついたら、7日。

速い。

12月30日から12連休。ゆっくりしているはずだけれど、「毎日歌壇」、「NHK短歌」、「夜はぷちぷちケータイ短歌」、「未来」の選歌がぎっしりあって、机に向かっている。年賀状の返事もびっしり。笹井宏之君の第二歌集の校正もあった。それらも、もう目処が立った。

cafe

 無 為

今年は、ゆとりのある一年にしたい。無為という創造的な時間を大切にしたい。

この二、三年、140%ぐらいの稼働率だった。完全にオーバーフローして、毎日1時近くまで仕事をしていた。翌朝はもちろん出勤。体を毀さなかったのが不思議なぐらい。いや、もう体はボロボロなんだ。

今年は、80%の稼働率でゆく。

ゆっくり本を読んで、街をぶらぶらして、映画を観て、手紙を書くような日々。健康のために時間を使いたい。

積み残しの『家族のうた』は、形にしたい。それだけだな。

じっくり充電だ。

cafe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

賢治短歌の謎

土日は、宮沢賢治学会の夏季特設セミナーに参加。
会場は、宮沢賢治イーハトーブ館ホールである。

イーハトーブ館の宮澤明裕さんは、賢治の弟のお孫さん。若い方であった。

セミナー一日目は、佐藤通雅さんの基調報告のあと、
平澤信一氏(明星大学教授)の「「青びとのながれ」について」
島田隆輔氏(島根県立松江工業高等学校教諭)の「短歌から文語詩への転生について」の2つの講演。
精密な分析で、頷くばかりであった。

さて、出番は、二日目である。
佐藤通雅さんとタクシーで会場に向かう。
途中、イギリス海岸を案内していただく。イギリス海岸という名前で風景が一変するから、言葉の力は凄い。

さて、講演のテーマは「賢治短歌の謎」。
まず、1988年に花巻を訪れたこと。
「小岩井農場 パートⅩ」という作品を発表したことを話す。
賢治讃歌である。
 ここにいる疑いようのないことでろろおんろおん陽ざしあれここ
 ひとしきり母の叫びが風に添う 雲のぷあぷあ草のれれっぽ
 洪水だあ、とはしゃいでたのは私です むろんヨーグルトになっちまいましたが

また、吉本隆明が『ハイ・イメージ論』で、賢治の詩を「普遍的喩」という概念で分析したこと。
それに非常に影響を受けたことを話す。

さて本題。賢治短歌の幻想性を話す。賢治短歌そのものが短歌史における大きな謎なのである。

 泣きながら北に馳せ行く塔などの/あるべきそらのけはひならずや
 ブリキ缶がはらだゝしげにわれをにらむ、つめたき冬の夕方のこと
 巨なる人のかばねを見んけはひ谷はまくろく刻まれにけり

 つつましく/午食の鰤をよそへるは/たしかに蛇の青き皮なり
 そらはいま/蟇の皮もて張られたり/その黄のひかり/その毒のひかり
 入相の町のうしろを巨なる/銀のなめくぢ/過ぐることあり
 
 雲ひくき峠越ゆれば/(いもうとのつめたきなきがほ)/丘と野原と
 学校の郵便局の局長は/(桜の空虚)/齢若く死す

 うすらなく/月光瓦斯のなかにして/ひのきは枝の雪をはらへり
 青じろき流れのなかを死人ながれ人々長きうでもて泳げり

幻想の深度と迫真性において時代の水準を抜いている。
しかも賢治13歳~22歳の作品なのである。

話が終わると、質問の嵐。手応えを感じた。
なんとか務めを果たせてほっとした。

私のあとは、桑島法子さんの朗読。
「水仙月の四日」「青びとのながれ」「アンデルゼン白鳥の歌」
セミナーは最高潮に。

佐藤さん、桑島さんとともに、注文の多い料理店「山猫軒」で昼食。

新花巻の駅に向かった。

賢治三昧の二日間だった。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

篠弘さんと

きょうは、月1回の「NHK短歌」の収録。

ゲストに篠弘さんをお迎えした。

投稿のテーマが「昭和」ということで、昭和一桁生まれの篠さんと、昭和三十年代生まれの私の二世代で語ろうと言うわけだ。
打ち合わせのときの雑談で、戦時には食糧難ということはなかったという篠さんの話に驚く。実際の食糧難は兵士の帰還後すなわち戦後におこったという。

健康優良児表彰は、昭和5年に始まった。
『健康優良児とその時代』(高井昌吏・古賀篤)に詳しい。
戦時の日本である。
健康優良児となった男子はいち早く召集され半分は死んだという記録がある。怖ろしいことである。

ship

対談は「不安」について。

  原不安と謂ふはなになる 赤色の葡萄液充つるタンクのたぐひか

                         葛原妙子『葡萄木立』
 
「原不安」とは、心理学の用語で出産時の胎児の不安のこと。
不安ということを調べていくうちにフロイトの『制止、症状、不安』(1926年)という著作に出くわした。そこに「原不安」という言葉があったのだ。
篠さんは
 「加藤君は難しい歌を選んできたなあ」
とおっしゃった。

今日は、リハーサルなしの一発撮り。
博識な篠さんに助けられた一日だった。

放送は、8月8日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

坂井修一に

きょうは、ひと言、おめでとうを言うために、迢空賞の授賞式パーティに。
仕事の関係で、東京會舘に着いたのは、7時過ぎだった。

すこしさがして坂井修一を見つける。
「おめでとう」と言って、握手。
「雲の上の人になったなあ」
「いつもそう言う」

20代のころからのつきあいである。
名古屋に来たときには連絡をくれて、錦あたりで飲んだりした。
筑波の家にはいちどおじゃましたなあ。
よねちゃんの手料理を自分でほめていたな。
20代のころも50代になった今も坂井修一は坂井修一である。
 
moon3
 
『望楼の春』より



 東大卒とはいへなんとはぐれもの斎藤茂吉もわれもうなぎ恋ふ

 へべれけの友となほ呑みおもへらくへべれけてふは甘やかなりや

 われといふこなごなのもの繕ひてけふありきいまに繕ひきれず

 どんどんと捨ててゐるわれ「どんどん」は顔も脳みそも捨てるほかなく

 ぼろぼろになればなるほどほほゑむぞ公衆便所に座つて立つて

混沌。そこには既にある種の安定がある。
だから坂井修一の世界を混沌と呼ぶのはためらわれる。

今なお、崩れ、ぼろぼろになり、そして再生に向かう。
そんなダイナミズムがこの歌集にはあり、はらはらしながら読むのである。「はぐれもの」「へべれけ」「こなごな」「ぼろぼろ」という言葉は、作者の現在の意識を象徴していよう。

文体は重厚かつ沈鬱で華やぎさえ感じられるが、坂井修一は、成熟には向かっていない。それは文学にとって良いことではないか。どうやら成熟と豊饒は別ものらしいのである。

 「坂井さんいつも見てます」さう言ひて席たちしひといまもおそろし

地下鉄車輌の隣席の人が偶々自分の歌集を読んでいたという場面である。神ではない無名の人がいつも見ていることの底知れぬ怖ろしさを歌っている。それは無関係だった世界が突如自意識に食い込んでくる衝撃なのである。

他者は兇器である。集中最も印象深い歌であった。

満月

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

三世代

野口あや子歌集『くびすじの欠片』を語る会が二週間後となった。
全国から歌人が集まってくる。じき煮えたぎるだろう。
当日の風景を思い浮かべる。

岡井隆先生が80代。私が50代。野口さんが20代だ。
これが結社というものだろう。
この三世代の厚みを思うのである。
それはおそらく短歌が伝統詩であることに関わっている。
それぞれの世代が、この短歌という伝統詩に新しい風を吹き込んできたのだ。

20代の私は、近藤芳美先生の歌会に参加した。
そのころそれを何とも思わなかった。
しかし、今になって、それがかけがえのない場だったと思うのである。
近藤先生はよく若い会員に向かってこう言った。
「君たちの歌は古めかしいね」
その言葉の意味が分かったのもずっと後のことだった。

cafe

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

黒瀬珂瀾『空庭』を語り合う会

今日は、『空庭』の批評会。
盛会でした。
私の発言の要旨を記しておきます。

『空庭』で、秀歌一首を選ぶとすると次の歌である。

 朝に飲む東京の水臭ふとき悲しみは噴きいづる蜻蛉  黒瀬珂瀾

「遠い水」より。春日井建への挽歌である。
訃報を受け、師へ思いを馳せる。
その遠さは、名古屋という距離ばかりではない。
澄んだ朝の水は、春日井建を象徴していよう。
私は臭い東京の水を飲んでいる。それは自らの境遇や状況を象徴している。
あまりに師は遠いのだ。それが哀しいのである。
蜻蛉の様は、そういう哀しみが解きはなたれてゆく美しい幻影である。

 *いま付記すれば、「悲しみは噴き・いづる蜻蛉」という前衛短歌的句跨りを含め、完成度の高い作品である。

(パネラーの荻原裕幸さんの「主要作/代表作はどれなのだろう」という発言を受けて)
代表作は、作者がつくるのではない。代表作は、読者がつくるものである。
秀歌、代表作、愛唱歌などいろいろな言い方があり微妙に違うのだが、いま、秀歌を生み出す共通の基盤がなくなったのではないか。

パネラーの永井祐さんは「一番好きな歌」として

 日本はアニメ、ゲームとパソコンと、あとの少しが平山郁夫   黒瀬珂瀾

を挙げた。
私と永井君が一晩議論しても平行線だろう。
かつてあった歌の価値判断のコンセンサスが崩壊している。
これでは、代表歌を押し上げてゆくことは困難なのである。

 *いま付記すれば「一番好きな歌」というのも、秀歌、代表作、愛唱歌とは違ったニュアンスである。秀歌=一番好きな歌とならないことが、一番問題なのではないか。
 秀歌の基盤が崩壊したことが、作者側にフィードバックされることは言うまでもない。それは歌集編集(選歌)に反映するのだ。

加藤治郎は、医者から一日2リットル水を飲むように言われている。
血がドロドロなのである。
黒瀬珂瀾『空庭』は、「知がドロドロ」なのではないか。
短歌形式は本来整流器として機能すべきもの。余分なドロドロを洗い流してくれる。

知を洗い流して、真っさらな心・魂で世界に向かうべきではないか。
ゼロベースで、世界を掴み取ってほしい。

『空庭』は、いい歌集である。
(なぜか会場から笑い。「でもいい人よ」的に受けとめられたのかな)

黒瀬珂瀾は、10年、20年に1人の逸材。
頑張ってください。

 *付記 毎日新聞の今年(2009年)の歌集5冊に、私は『空庭』を推している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

笹井宏之さん

今日は、笹井宏之さんの一周忌。
もう一年経ったんだと思う。

お母さんから哀しい電話をいただいたこと。
笹井さんの家に弔問したこと。
そして、笹井さんの風景に出会ったこと。笹井さんが少年ころ登った英山、よくフルートをふいていた相撲場、陶石の採掘場。どれも鮮やかに蘇る。

それから、「未来」の仲間で、笹井宏之さんを偲ぶ会を開催した。
「新彗星」では笹井さんの追悼号を編んだ。

追悼の企画は多くの皆さんの思いによって実現している。
NHKでは追悼のドキュメンタリーが二度にわたって放映された。
若い才能を皆が惜しんだのである。

今日は、佐賀で追悼のコンサートがあるという。

笹井さんの灯りは消えない。


ぴかぴか(新しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

名古屋、うっすらと雪がつもりました。
全てがスローモーションの元旦です。

fuji

今年の私のテーマは

 歌人多様性

です。
もちろん、生物多様性からきています。

様々な歌人がお互いの有りようを尊重しながら繋がりあっていること。
いろいろな考えをもった人々がこの短歌という詩型で繋がっていること。
それを自覚したいと思っています。

fuji

よい一年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«だいたひかるさん